スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルメーカー使った

ブログタイトル考えるの面倒なのでタイトルメーカー使って出たのにしました。
なにこの臭いタイトル、やばい

その時に遊んでいるゲームについて書いていくブログです。
スポンサーサイト

TWもFFも花騎士も関係ねぇ!

シャドウバースやってました
風邪引いて寝てると暇なのでチマチマ進めて
なんかマスター行けそうなポイントになったので
連休に達成しようと頑張ったら土曜日でなれました^p^
シャドバ

AA帯は色んなデッキにお世話になりましたね
新環境なってからすぐはヴァンパイアデッキが強く
AA1~AA3まで走り抜けました
新環境3日目ぐらいからエンジェルバレッジ採用率が上がり
フォレストバットが殲滅されるようになったので
泣く泣くデッキ変更
ティア3枚、シンシア3枚、リザ3枚が当たっていたので
カッとなってエンシェントエルフを作成しました
ヴァンパイアよりもエンジェルバレッジに強く
ある程度は安定していたため暫く使いました
その後AA3のポイント半分ほどまで来たところで
超越ウィッチとの勝負が多くなり負けが目立ち始めました
そこでまたデッキ変更することに

ここで相当悩みました
エンジェルバレッジがあるためヴァンパイアはきつい
超越ウィッチが増えているためエルフも遅いときつい
コンボ気味にしたエルフも試しましたが
思ったようにキーカードが引けない印象が強く断念
弱くはなかったです、ポイントも少しずつは増えていってましたので

ただ周りも全員カードが揃っていて完成されたデッキを使っている
その中で勝つためにはより安定させる必要がありました
そこで最終的に落ち着いたのが疾走ビショップです

理由として
1:エンジェルバレッジに強いこと
2:忠犬を有効利用することで相手の疾走で負けることが少なくなること
3:最速6ターンで倒せる性能もあること
4:僧侶や除去を入れることで耐えてからの逆転も可能なこと
5:超越に対してフォロワーを並べずに除去によるスペルブーストを最小限に抑えられる
辺りでしょう

1は今の環境を見た結果ですね
体力1のフォロワーはエンジェルバレッジがあるため複数並べたくありません
現環境はエンジェルバレッジをしてこないリーダーを見たことがないので
これへの対策は必須です
ビショップはホーリーファルコン以外は体力が2は最低あったので
エンジェルバレッジに対して強く、相手が引いた場合腐らせることができました
ホーリーファルコンも疾走持ちなので出てきたら最低2ダメージの仕事が出来るので
最低限の仕事をした後でバレッジで死ぬのなら問題はなかったです

2は新カードの天界の忠犬ですね
押されてきて残り体力8とかにされたときにこいつに守護を持たせて出すだけで
リノセウス・フォルテなど厄介な敵からHPを守れるのが強かったですね
対疾走ビショップ同士でも活躍してくれます

3は現環境に対応できているってことですね
先行で理想の動きさえ出来ればサクサク終わっていきます

4は意外と大事でした
後攻でアグロ系を相手にした場合でも除去が間に合うので
勝ちを拾えることが多かったです

5は正直超越ウィッチはこっちの手札ではなく
超越側の手札によるため勝ったり負けたりでした
相手の手札に今あのカードがなければいいなぁって感じになります
PP9や10まで行っても倒しきれずに負けだなって思ったのにターン回ってきて勝ったり
PP7や8で超越されて負けたりと差が激しい相手です

疾走ビショップ
一応デッキレシピ
超越が多いなと感じた時はマイニュを入れるなどしました
見習いシスター・テミスの審判辺りが変更候補でしょうか
1コス>獣姫>教理+1コスの流れが強いです
3ターン目に
2/1疾走+2/1疾走+4/4 or 2/1疾走+4/4
が出来上がるのがかなり強い
超越用にマイニュを入れる時は
マイニュ進化するだけで相手はやりにくそうでしたね

ヴァンピィ
こっちが新カード追加後にポイントを稼がせて貰ったヴァンピィちゃんの眷属デッキです
とにかく安い、早い、何故か勝てるってデッキでした
最高連勝は覚えてません、10は越えたかな
5連勝ぐらいは平気で取ってくれるデッキでした
エンジェルバレッジ大量発生で無事死にました

ゴールド6枚  4800エーテル
シルバー14枚 2800エーテル
ブロンズ20枚 1000エーテル
合計 8600エーテル!!
くっそ安い

ユニコ疑似守護
ヴァンピィ疑似守護
キラーデビル・ブラッドウルフはフォレストバットより優先して倒されてくれる
エンジェルバレッジはこっちもきついから相手もきつくしてやろうって理由で入れました
そんな役割でした
とにかくメイン火力はフォレストバット
古城古城眷属でPP6で7ダメージ
など古城でのリーサル計算が非常に楽しいデッキです
ただしエンジェルバレッジで死ぬ
エンジェルバレッジ採用率が下がってきたらまた目が出そうではあります
一番苦手なデッキは生成能力の差がきついエルフでした^p^
なくならないフェアリーによるフォレストバット殲滅を止める術なんてありません^q^
メイちゃんが遊びまくって全滅も多いです^p^
何でメイちゃんは1コスなの?

とにかく
ヴァンピィちゃんくそかわいい!!!!
という思いで作ったので
意外と戦えたのは嬉しい誤算でした

試験の塔100Fクリア(守護290)

二度とやりません

80Fぐらいから命中足りないなぁと思いながら1F30分ほどで登っていました
91Fからはサンクチュアリを維持していても連続で喰らうと死ぬなどありました

99Fのゼリッピ軍団が強敵だったので、ここで再振りせざるを得ませんでした
HP37k X290 にして精霊に攻撃させてぐるぐる逃げ回ってクリア
コンボすれば死なないのですが、守護で繋げるのきつい
70コンボとか出来ても切れたらそこで死亡
復活後に精霊呼び出しからコンボしても無敵時間中に間に合わないなどあったため逃げ回る方向に変えました

100Fはとても楽でした
サンクチュアリしてガストで殴らせるだけで終わりました

TWCI_2016_9_24_15_25_55.jpg

手に入ったのはアニマクローでした
アニマだし当たりかな?
ちなみに90Fぐらいから常時退魔師+信頼は必要でした
退魔師100個ぐらいあったのに凄い減りました・・・

TWCI_2016_9_24_17_8_51.jpg

装備はドレイク一式(M+5)とN260特殊ベル(未合成)ウォールベア・カリゴ護符・ほむら・紋様も未合成
レーテベルもあるのですが命中率で考えて強化+6あった方が強いためこの装備
こんなクソ雑魚装備でも試験の塔が攻略できる守護って強い

TWCI_2016_9_24_17_10_14.jpg

一応ステータス
共通はPAのみ入ってます
このあと再振りして狩りをやることはなくなりました

↓再振り後
TWCI_2016_9_24_18_1_24.jpg
もう二度と試験の塔は登らないという熱い気持ちが籠もったステ

ノクターンかわいい

かわいいので特に書くことはないな

ライトニングボム強い
クリカン楽過ぎ
だから早く極限しよ

シャドウバース ビショップ

最近はシャドウバースやってます
ビショップメインでA0までは行けました

対戦に関して
現在はサタンが強いため、大抵のデッキにピンで入っていることが多く
先行してサタンを出されたら勝ち目はほとんどなくなるかな
全く勝てないわけではないけど、かなり不利になる

対ロイヤル
先攻の場合
有利
個人的には回ればガン有利で、負ける理由はない
守護の陽光を張ってじっくりと守護を増やしていけば良いだけの簡単なゲーム
そうそううまく回らないので6:4~5.5:4.5のビショップ有利

後攻の場合
五分
先行を取られると有利が消えます
4ターン目の鉄槌の僧侶が重要で、守護の陽光はPP6までには張っておきたい
その後は大修道女やルシフェルでのHP回復やジャンヌダルクでの掃除

ツバキ対策に相手ターンで5/6になるクレリックランサーよりも3/7のゴブリンマウントデーモンが強い

対ロイヤルのマリガン
先攻:スネークプリースト・守護の陽光・教会の護り手・聖なる願い
後攻:鉄槌の僧侶・スネークプリースト・守護の陽光・聖なる願い
どちらでも 聖なる願い は握っておきたいが、聖なる願い以外が重い手札では死ぬ


対エルフ
エルフを見たら十中八九冥府だと思うべき
先行を取りたい、後攻は座して死を待つことになる
ガン不利
真面目に3:7で不利はあり得る
対策はしっかりと
とにかくHPを維持できるように序盤から守護を並べていくこと
注意カード
エンシェントエルフ・妖精のいたずら
特にいたずらで一番返されたくないカードを返されたり、ベビーエルフメイで撃ちぬかれたりしたら諦めよう
でも収穫祭がコスト2→コスト4になるので8月のアップデートからは楽になりそう

対エルフのマリガン
聖なる願い・教会の護り手・スネークプリースト
先行後攻変わりなし
というか未だに明確な答えが出ない相手


対ヴァンパイア
不利~微不利
4:6~4.5:5.5
守護を無視してリーダーにダメージを与えてくるカードが多く辛い状況になりやすい
が、フォロワーによる攻撃を防いでいくことである程度はやれる状況にはなる
こちらがサタンを出せるまでは相手のフォロワーを処理していく
ダメージは大修道女・ヒーリングエンジェル・ルシフェルで回復
後半の黙示録、復讐状態での中盤黙示録を警戒して動くこと
サタン引ければ勝てるので守護の陽光+サタンになるまでは相手のHPは無視まである
セクシーヴァンパイアや鋭利な一裂き・デモンストライク・デモンストーム・蠢く死霊をケアしていくこと
具体的にはHP11は常にあって守護フォロワーが場にいるのが理想的

対ヴァンパイアのマリガン
先攻:スネークプリースト・教会の護り手・守護の陽光・聖なる願い・サタン
後攻:スネークプリースト・鉄槌の僧侶・ヒーリングエンジェル・聖なる願い・サタン
サタンは微妙なところではあるが、PP10で即打ち出来るのと出来無いのとでは全く違ってくるため他2枚との兼ね合い次第で残せる


対ネクロ
有利
6:4付けたいぐらい
守護の陽光を張ってHPを回復して相手のフォロワーを対処していけばいい
警戒すべきはミミ・ココやファントムハウルでの押し込み
これらに対応するために出来るだけHPを高くしておきたい
デュエリストモルディカイ・死の祝福は脅威ではない
腐の嵐で守護フォロワーを一掃されて、返しのターンで相手フォロワーを倒しきれない方がきつい
破邪の光を引いた場合はモルディカイを考慮してギリギリまで撃たないこと

対ネクロのマリガン
先攻:聖なる願い・スネークプリースト・教会の護り手
後攻:聖なる願い・スネークプリースト・鉄槌の僧侶


対ウィッチ
一番よく分からない対戦カードていうか現状対戦することが少なすぎる
不利かなあ、有利はない
どちらも動きが遅くなるため、回り方次第とも言える対戦
教会の護り手がファイアーチェインに対して有効
とにかく相手の除去札の握り具合と回り方次第になってくる
虹の輝きでバウンスされながら回られると厳しいので、2コス以下のカードのプレイは慎重に
後半余裕が出てきたところで守護の陽光からPP10丁度でサタンを狙っていくのが一番か
ペンギンは問答無用で処理すること
終盤で守護が2体程度だとルーンブレードサモナーと超越からゴリ押しもあり得るので注意
でも相手の回り次第で警戒してもどうしようもないので、出されたらしょうがないと思った方がいい
冥府ウィッチはHP維持して立ちまわってPP10サタンかエクスキューションすれば勝てる

対ウィッチのマリガン
先攻:教会の護り手・プリズムプリースト・サタン・漆黒の法典
後攻:教会の護り手・鉄槌の僧侶・サタン・漆黒の法典
※漆黒の法典はPP2でペンギン出された場合を考えて

対ドラゴン
相手のデッキによって有利不利が変わってくるかなあと感じる
ミッドレンジドラゴン  微有利
   サタンドラゴン  不利
PP差を付けられ先にサタンを出されてしまうためサタンドラゴン相手に勝つのは難しい
ミッドレンジドラゴンであれば有利に立ち回れる
後半はテミスで処理しても返しでフォルテや海剣竜での死があり得るため、そもそもテミスを使わずに相手フォロワーを並ばせないことが重要
ただしロイヤルと違ってどのフォロワーもステータスが高いため、処理するのは難しい場面も出てくる
そういった時は、もっともされたら嫌なことをケアして粘っていく
そのうち相手が息切れしたところでサタン出して勝ち

対ドラゴンのマリガン
先攻:聖なる願い・教会の護り手・守護の陽光
後攻:聖なる願い・鉄槌の僧侶・守護の陽光


対ビショップ
とにかく相手より先にやれれば勝てる
先に聖なる願いして、先に陽光出して、先にサタンを出す
相手に先にやられると負ける
ただし相手の場に守護の陽光がないのに相手がサタンを出してきた場合、
自分が守護の陽光を出していたら返しにサタンを出すことで有利になる
それ以外の場合は厳しい

レリアを入れることでビショップ同キャラでは有利に立ち回れる
特にクレリックランサーの押し付けが強くなり使い勝手がいい
ただし結局サタンゲーは変わらない、入れるか入れないかは好き好き
クレリックランサーとレリアを並べられたらレリアを排除するだけでクレリックランサーは貧弱に戻るので放置して良くなる
サタンがきてから排除しても遅くない

対ビショップのマリガン
先攻:聖なる願い・守護の陽光・サタン
後攻:聖なる願い・守護の陽光・鉄槌の僧侶・サタン


現状のシャドウバースについて
手札枚数が少ないため、常に最善の対処をすることは出来ない
カードゲームのフリをした運ゲー
そもそもカードゲームが引き運とか含めたゲームではあるんだけど
シャドウバースは初期手札3枚、ドロー含めて4枚
これしかやることがないっていう手札状況であることが多すぎるんだよね
HPは20しかないし、そらアグロとかフェイスがハマれば強くなるよなぁって感じ
もう少しカードプールが増えてきてからが本番だと思う
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。